「思い」のことが好きな人もいれば、嫌いという人もいると思う。無関心な人も。アナタが考える「作戦」って、どう?

お父さんは明日を見て立ち上がる

気持ち良さそうに走る君と横殴りの雪

どこかただの布は高い。
子が幼稚園に2週間後に入園するので、入れ物が必要とは言っても、案外布が価格が高かった。
ことのほか、固有のキャラクターものの縫物用の布なんて、たいそう価格が高かった。
幼児向けのキャラクターものの布がものすごく価格が高かった。
持っていくサイズのかばんがわりのものを西松屋なので買った方が手っ取り早いし、面倒が無いだが、田舎なので、確認したら、みんな、家でつくったものだし、近所に販売していない。

具合悪そうに踊るあの人と枯れた森
ネットニュースをよく眺めるけれど、紙の媒体を読むのも前は好きだった。
現在は、ただで見れるネットニュースが色々あるので、新聞はもったいなくて購入しなくなった。
ただ、読み慣れていたから、新聞のほうが短い時間でたくさんの情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで調べやすい点はある。
一般的なニュースから関わりのある深いところまで見やすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目に入るけれど、インターネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、米国の債務不履行になるかもという話が気になる。
債務不履行状態になるわけないと思うけれど、仮になったら、日本もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

ノリノリで叫ぶ父さんと紅葉の山

まだ行ったこともないロシアに、必ずいつか旅したいという夢がある。
英語に飽きた時、ロシア語を勉強してみようかと検討したことがある。
結局、書店で読んだロシア語の会話中心のテキストだけで一瞬にして断念した。
動詞活用が半端なく複雑だったのと、発音の巻き舌も多い。
観光客としてウォッカとビーフストロガノフを楽しみに行きたいと思う。

凍えそうな金曜の午前は熱燗を
江國香織さんの物語に出てくる主人公は、陰と陽を潜めていると思う。
不倫をそこまで責めない。
遊びと、本当に大切に思っているのは別のただ一人。
このようなヒロインが多く見られるような気がしませんか。
旦那意外との恋愛を陰だとしてみると、旦那さまは陽。
たまにスイッチが入ったように陰が登場する。
不倫に対する良い悪いは置いておいて、その物語の女性を研究する。
自分の中に新しい恋や見解が現れることもありえる。

湿気の多い火曜の夕方はカクテルを

住んでいた場所が異なると食べるものや文化が変わることを二人で生活しだしてからとっても認識することになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻からいつだったか聞かれ、ミックスジュースを買っていたのかなと考えたら、地元では作ることが普通らしい。
缶詰のモモやら他とアイスをいっしょに入れて、ミルクをさらに加えて家庭用のミキサーでミックスして終わりだ。
作ったものをごくごくと飲んだのは初体験だったが、とっても美味だった。
おいしかったし、今でははまって、自分でもつくっている。

勢いで踊る君と夕焼け
1年前から、九州の南に住むようになって台風の直撃をものすごく気にするようになった。
風が全く違うからだ。
福岡に住んでいたことも埼玉に住んでいたこともあるが、しかし、台風の風の被害が全く違う。
サッカーのゴールポストが転がり走ると話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、本当だった。
大型台風が通過した後は、ヤシや大木は道路に倒れ、海の横の道は海からのゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海沿いの家や民宿では、車のフロントガラスが破損したり、民家のガラスが破損し、天井が飛んだりと嘘だと思っていたようなことを見てしまった。
直撃せずにかすめていくだけでも風はめっちゃ強く、古い民家に住んでいると家のきしむ音がたいそう心配してしまう。

気分良くダンスする兄弟とアスファルトの匂い

関東でも古くより賑わっている町、台東区にある浅草。
中でも知名度の高い仏様が浅草の観音様だ。
まさにこの頃、浅草寺詣でに行ってきた。
久しぶりに行く東京都浅草寺。
一段と、自分自身の目で実際に見て理解したことが、外国人の観光客が多いこと。
色んな国からお客様の来るここ浅草、以前よりどう考えても多くなっている。
そもそも、世界で一番の総合電波塔、スカイツリー完成の影響もあるといえるだろう。
近隣からは、ビッグバードのハブ化に伴ってアクセスが良くなったという事から、プラスして、ヨーロッパ諸国やアメリカからは、着物や和装小物に魅力を感じて来ている旅行客が多いと感じる。
とにかく、この先の未来も多くの外国人観光客が、来ることを予想させられた。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私はというと、仲見世通りを心行くまで観光することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん買って、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派な本堂が見えてくる。
この屋根の瓦はチタン瓦を使用し、改修工事を行ったそう。
本堂の秘仏の観音様に旅の無事と平和を祈りしっかり御祈願してきた。
今年の頑張りが、これからの未来でどこかで実りますように。

月が見える大安の朝は椅子に座る
日頃、EくんからのE−MAILの中身は、何のことを言いたいのか何も分からない。
酔ってても酔ってなくてもよく理解不能だ。
しかし、彼が部署で作成したという、会社の商品の梅干しに関してと、募金についての書面を見せてもらった。
ちゃんとした文書を書けるじゃん!と思い、驚いた。

汗をたらして泳ぐ姉妹とオレ

誕生日プレゼントに友達から貰った香りは、強いフローラルの香りである。
合う香りを意識してチョイスしてくれた作品で、ちっちゃくて飾りがついていて可愛い。
雰囲気も瓶も大げさに言っても華やかとはかけ離れた商品だ。
香水ショップにはたくさんのボトルが並んでいたのだけど、目立たない場所に置いてあったもの。
容量は本当にちっちゃい。
上品で気に入っている。
外に出る時だけでなく、出張の時もバッグの中に、家での仕事のときもそばに置いている。
それで、バッグは、どれもこの匂い。
いつでもつけているため、そうでないとき「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまにある。
香水ショップにてさまざまな香りをつけるのは好きだけど、この香りは今までの中で最高に気に入ったものだ。

ノリノリで体操する友達とファミレス
太宰の斜陽は、一気に読み進められると思う。
戦争が終わるまでは育ちのいい御嬢さんだったかず子が、強引で負けない女性に変貌する。
読むにつれて立派だと考えた私。
この人のように、誰にも負けない行動力と、強引なくらいの自我が戦後は必要不可欠だったんだと思う。
それは置いておいて、不倫相手である上原の妻からすると大迷惑だろうとも思う。

カテゴリ

カテゴリ

Copyright (c) 2015 お父さんは明日を見て立ち上がる All rights reserved.