人生において、「娘」の意味合いってなんだろう。興味無いって思える?「戦略」は、君にとって何なんだろう。

お父さんは明日を見て立ち上がる

雲の無い祝日の早朝にビールを

友達の彼であるSさんの働く物産会社で、いつも和歌山の梅干しを買っている。
お酒が入ると電話をかけてくれるSさんが可愛がっている部下でアルEくんという男性は、ぜんぜん会話がかみ合ったことがない。
酔ってないときのE君は、結構な照れ屋らしくそこまで多くは話さない。
なので、一回もEくんと満足いくくらいコミュニケーションをとったことがない。

雲が多い休日の深夜にカクテルを
一つの体の大半は水という調査もありますので、水の摂取は一人の人間の重要点です。
水分補給を欠かすことなく、お互いに元気で楽しい夏を満喫したいものです。
輝く日差しの中から蝉の鳴き声が聞こえるこの時期、普段はあまり出かけないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策について敏感な方が多いのではないでしょうか。
夏の肌のケアは夏が過ぎた頃に出てくるといいますので、やっぱり気にしてしまう部分かもしれません。
やはり、誰もが気を使っているのが水分摂取についてです。
当然、普段から水の飲みすぎは、あまり良くないものの、夏の時期はちょっと例外の可能性もあります。
と言うものの、たくさん汗をかいて、知らない間に水分が抜けていくからです。
外出した時の本人のコンディションも影響することでしょう。
思いがけず、自分が気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑い時期の水分摂取は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても過言ではないかもしれないです。
短時間外に出る時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があればとても便利です。
一つの体の大半は水という調査もありますので、水の摂取は一人の人間の重要点です。
水分補給を欠かすことなく、お互いに元気で楽しい夏を満喫したいものです。

曇っている休日の朝に椅子に座る

旅でも出張でも、韓国に行く機会が多い。
なじみがあるのは、港町であるプサン。
観光ももちろんだが、特に女性は韓国コスメやファッションなど興味がある人も多いのではないだろうか。
韓国の人見かけへのこだわり、つまり自分磨きへの力は素晴らしいといわれる。
就職活動や、結婚の際に、日本に比べて露骨に判断するシーンが多いという。
という事で、韓国コスメは、肌に良い成分が日本製より多く含まれている。
そのため、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが結果は期待してしまう。

雨が上がった土曜の晩に足を伸ばして
じっと見てしまうくらい素敵な人に会ったことがありますか?
昔一度見かけました。
バスの中で20代前半くらいの女性。
女の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれだけ手入れをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
しかし、内側から醸し出すオーラはたぶんありますよね。
世の中には魅力的な方が多くいるんだなーと思いました。

暑い仏滅の午後は冷酒を

同僚が昨日エサ釣りによくスポットに行ったらしい、少ししかかからなかったらしい。
コッパがうんざりするほどいて、フカセ釣りがしにくかったらしい。
ですが外道だがイノコの50cmサイズがあげれたらしいから、いいなと思う。
何年か前にいただいてさばいて食したがたいそうおいしかった。
50cmもあってうまい魚があがったと話を聞いたら楽しみになるが、まだ行けないので今度だ。

どんよりした月曜の日没に微笑んで
テレビを見ていたり、街を歩いていると、綺麗だな〜と思う人は多い。
顔立ちは、標準的な美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
人が発する雰囲気は、本人の今までの人生かもしれない。
とても大事だと思う。
私が見てしまうのはミュージシャンの西野カナさんだ。
歌番組を見て、初めて質問を受けている姿を見た。
可愛い子!と考えずにいられない。
童顔に、体つきも程よい感じ、パステルカラーが凄く合うイメージ。
喋り方がおっとりしていて、方言もポイントが高い。
アルバムは結構聞いていたけれど、本人を見てそれ以上にファンになった。

汗をたらして大声を出す先生と電子レンジ

全国には、数えきれないくらいの祭りが行われているみたいだ。
生で確認したことはないのに、とても良く知っている祭事は、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
絢爛豪華な彫刻をした、笠鉾が2基と屋台が4基。
秩父祭り会館を見た際に、ビデオや実物大の物を見た。
12月に行われるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
実際に見てみたい祭りの一つなのである。
秩父夜祭とは逆に、夏に開かれているのは、福岡県のほうじょうえがよく知られ、生きている者の殺生を禁じるお祭り。
江戸の時には、このお祭りの期間、釣りもしてはいけなかったという。
伝統ある祭事も大事だが、私はリンゴ飴の屋台も同様に大好きだったりする。

笑顔で熱弁する兄弟と履きつぶした靴
このところ、横腹のぜい肉を減らさないとと考え毎日、筋トレを頑張っている。
2歳の娘を俺のお腹にしがみつかせて数を声を出し数えながら筋トレを行っていたら、わが子との遊びにもなって、しゃべりだしの子供も数字を学ぶし、自分の横腹の脂肪も減少するし、ベストなやり方だと考えていたけれど、何日かは、数を言いながら小さなわが子も嫌になったのかやらなくなってしまった。

息もつかさず泳ぐ子供と気の抜けたコーラ

恐怖はたくさんあるけれど、海が非常に怖い。
しかも、グアムやフィジーなんかのクリアな海ではない。
もっと上を行くのが、駿河湾などの濃い海だ。
ついつい、どこを見ても海、なんて状態を想像して怖くなってしまう。
気分だけ味わいたかったら、オープンウォーターという映画がお勧め。
ダイビングで海上に置いてけぼりの夫婦の、会話のみで話が進んでいく。
とにかく私にとって恐ろしいストーリーだ。
もちろん、起こり得る話なので、恐怖は大変伝わるだろう。

具合悪そうに吠える先生と擦り切れたミサンガ
浜辺がものすごく近くで、サーフィンのスポットとしてもものすごく有名な場所の近くに住んでいる。
そうだから、サーフィンをしたことがある人はめっちゃ多くいて、会社の前に朝ちょこっとでも行くという方もいます。
そんなふうに、波乗りをしている方々が多いので、誘われることが大変多かったのだけれど、いつも断っていました。
それは、私が、運動神経が悪く、泳げないからです。
けれども、しかし、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、やってみたけれど行ってみたところは初心者じゃない人が乗るところで、テトラポッドが近くに設置されていて、スペースが狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

カテゴリ

カテゴリ

Copyright (c) 2015 お父さんは明日を見て立ち上がる All rights reserved.